軽貨物配送の個人事業主の働き方とは?経費や開業方法を解説

軽貨物配送の個人事業主の働き方とは?経費や開業方法を解説

ネットショッピングの増加により近年注目されている軽貨物配送ドライバー。

軽貨物配送ドライバーは個人事業主として働くことが多く、開業届や確定申告といった開業に関する書類など、わからないことも多いのではないでしょうか。

この記事では個人事業主として軽貨物配送ドライバーを仕事にする人に向けて、経費や開業の仕方を説明します。

軽貨物配送ドライバーの個人事業主としての特徴

煩わしい人間関係に悩まされることもなく、頑張れば頑張った分だけ報酬が増えるのが軽貨物配送ドライバーの特徴です。

しかし、軽貨物配送ドライバーの個人事業主として、事業でかかるお金に関して自分で処理する必要があります。

配送に使う車の維持費、交通費やガソリン代、全て経費として計上する必要があります。

また自分がいくら所得があるのか、税務署に確定申告をする必要もあります。

自分1人で仕事が完結できる分、自分でやらなければいけない作業もあります。

一つずつ確認していきましょう。

軽貨物配送ドライバーの開業の仕方や手続きとは?

軽貨物配送ドライバーとして、開業するのに何が必要なのか、何に経費がかかるのか、その特徴を説明します。

開業届を提出する

個人事業主として仕事をする場合、個人事業の開業届を税務署に提出しなければなりません。

「個人事業の開廃業等届出書」は国税庁のホームページからダウンロードすることができますし、税務署の窓口でも貰えます。

事業を始めてから1ヶ月以内に税務署に持参または郵送して提出しましょう。

所得税の青色申告承認申請を提出する

確定申告で「青色申告」を希望する場合は、「所得税の青色申告承認申請書」を税務署に提出します。

申請用紙は開業届同様、国税庁のホームページからダウンロードすることができますし、税務署の窓口でも貰えます。

忘れないように開業届を提出する時に一緒に提出するのがおすすめです。

国民年金に加入する

会社に勤めていた人が個人事業主として仕事を始める場合、厚生年金から国民年金へ切り替える必要があります。

期限内に手続きをおこなわないと国民年金保険料を遡って請求されますので、忘れずに手続きをおこないましょう。

国民健康保険に加入する

会社に勤めていた人が個人事業主として仕事を始める場合、国民健康保険へ切り替える必要があります。

もし手続きをおこなわなかったとしても、退職日の翌日からは国民健康保険に加入しているとみなされますので、後日国民健康保険料が請求されます。

軽貨物配送はどのくらい経費がかかる?

軽貨物配送が1ヶ月どのくらい経費がかかるのか試算してみました。

結論から言いますと1ヶ月に約10万円くらいが経費になると考えられます。

内訳は以下の通りです。

ガソリン代 20,000円~60,000円

保険代     10,000円~15,000円

オイル交換代 4,000円~5,000円

携帯代     6,000円~10,000円

車のローン代 25,000円

駐車場代 10,000円

合計     75,000円~100,000円

一つずつ詳しくみていきましょう。

ガソリン代

ガソリン代は案件によって変わるので、大きく変動すると考えられます。

住宅エリアの宅配ならそこまでガソリン代はかかりませんが、1日に数100キロも離れた場所に配送する場合、ガソリン代は大きくなります。

軽貨物ドライバーの仕事はガソリン代によって大きく左右されるお仕事なので、どのエリアでどのような配送をするのかを工夫しましょう。

保険代

個人事業主として軽貨物配送ドライバーの仕事をする場合、車のナンバーを黒色ナンバーにする必要があります。

黒色ナンバーの保険代は通常の任意保険の金額よりも大きく、保険代も大きな経費となります。

任意保険代に関しては等級や保険会社によって変わるので注意が必要です。

例えば東京海上日動の6等級(初めて加入する人は6等級から)の料金は年間145,150円(月々12,700円)になります。

オイル交換代

軽貨物自動車のオイル交換の目安は走行距離3,000km~5,000kmといわれています。

自動車におけるオイルの役割とは、エンジンの冷却効果、洗浄効果、防錆効果などエンジンを正常に動かすための潤滑油です。

オイル交換の費用は4,000円~5,000円かかってきます。

軽貨物配送ドライバーにとって、車は大切な商売道具です。

ここはケチらずにこまめに交換しましょう。

車のローン代

軽貨物運送事業では軽バンと言われる軽自動車が必須になり、経費としては一番大きな割合を占めます。

価格に関しては新車や中古車、車種、型式によっても変わってくるので一概に言えませんが、軽バンを中古で購入すると月々のローン代は最低でも25,000円は必要になります。

新車であれば35,000円程度と考えられます。

最初、軽貨物の仕事を体験したい人はいきなり軽バンを購入するのではなく、レンタルでスタートすることをおすすめします。

まとめ

今回は軽貨物配送に興味がある、転職を考えている人に向けて個人事業主として開業するうえで必要な手続き、そして軽貨物配送をしていく中でかかってくる経費について詳しく説明しました。

軽貨物配送は参入障壁が低く、誰でも簡単に始めることができる今人気の仕事です。

N-TEAMでは千葉県を中心にさまざまなな軽貨物配送案件を抱えていて、日々たくさんのドライバーが稼働しています。

当社の求人に興味がある、または働いてみたいと感じる方はまず気軽にご相談ください。

 

 

 

求人へのご相談・ご応募はこちらから!

Access

アクセス

〒283-0005
千葉県東金市田間885-5

ラボンヌシャンス103
TEL 047-551-5984
携帯 080-4610-0608